Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公務員優遇・・・60歳超も格差を企む公務員

68歳年金受給案を厚生労働省が提案したことは記憶に新しい。


再雇用制度がある一般企業でも60歳で一旦退職扱いとなり、それから嘱託社員へと身分が変わる企業がほとんどだ。

私が勤めている会社でも65歳まで再雇用制度があるが、60歳になると一旦退職となり、嘱託社員として一年毎の契約となり、給与は15万円に引き下げられ、賞与はゼロとなる。


それじゃ公務員はどうなるかというと、単に定年60歳から68歳までに引き上げるだけというから驚きだ。

ベースアップも68歳まであり賞与も当然ある。

こんな何でもありといっためちゃくちゃな事を公務員側は実行しようと準備をしているのだ。


提言する。

65歳年金受給開始であっても、受給者が企業に雇用してもらえない限り(雇用してもらえても規定の月額給与より下回っている場合)は国家が責任もって雇用すべきだ!

これは年金支給年齢引き上げ案とセットで確立すべき制度であって当然だろう。



いつまでめちゃくちゃな政治を続けようとしているのか?

マニフェストは大ウソだらけの民主党、そして失望政治を続けた自民党に次はない!


みんなの党、大阪維新の会に大いに期待したい。



にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ





テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

貧困のニュースに思う

(本日はさっそくの返信コメント記事をありがとうございました)
この記事に、胸のすく思いです。 先日の貧困層のニュースにとても気が滅入り以下のような日頃考えている事を書いてみました。 絵空ごとと詳しい方には言われるでしょうか。

***************************************************************************************************

 人間、社会の中で落ちぶれて来ると、真っ先に日本の不公平な部分に目が行ってしまいます。もちろ、自分が順調な時であってもそうした所には目を向けるべき事と思います。
 無職となり定収入が途絶える期間が長くなってしまいますとモノを買わなくなるのは必然です、買う場合も安いモノ安いモノへと向かい、必要不可欠なモノ以外は買わない、旅行や移動を伴うサービスを受けない、消費者と言う点では本当に社会に貢献していない状況に成り果てます。
 定収入はあるが、その額が平均より低くければどうでしょう、日用品は安いモノに向かうとしましても、時にはちょっと贅沢、日帰りの温泉にも行ったりするのかも知れません。
 そして収入が平均を随分と上回るならどうでしょう。きっとあれもこれも良いモノを買うのかもしれません。俗に言う一流品です。当然、車はいつも上級の新車でしょうか。

 そこで考えるのです、このような収入格差が公務員と介護職の方達のような職業間で開き過ぎているのではないだろうか?と あくまでも介護職としたのは昨今の職業の中では専門性しかり、仕事の厳しさを含め引き合いとする職業としては適当と考えたからです。
この事を大胆に言えば、この両者の職業間に適切な公務員賃金が存在するのではないだろうか? と思うのです。 すなわち、介護職の賃金は上がり、公務員の賃金は下がるは必然でしょうが、十分過ぎる生活は維持出来る筈です。
 介護職の方の収入が上がればどうでしょう、これまでの消費行動は随分と高まると思います。貯蓄に回せるお金も増える事でしょう。一方公務員の方はどうでしょう、今までより贅沢なモノをどれもこれもと言うわけには行かなくても十分な生活と、今までと同額を貯蓄に回さなければ、時に良いサービスも受ける事も可能でしょう。
 この事は大ざっぱに収入差による消費行動を書いたのですが、多くの企業が海外に出たり、輸出頼みで円高でさっぱりと言ったニュースを聞くにつけ、国内の内需でどうにかしようとする為に考えるべき重要な事と思うのです。
 持つ者が過度に持てば、後は資産、貯蓄へ回すは必然ですし、持たざる者は、少ない消費行動で生活せねばなりません。
それに準ずるように、こうした不公平感が生活のモチベーションの低下や政治不信にまで結び付いているのだと。
日本の低所得者層の割合、貧困層の割合は異常です。これでは良質のモノ、サービスがいくらあっても買う人が一部の人では景気が良くなる筈はありません。
政府は国民の心の高揚を図る政策をして、更に貧困層と低所得者層の所得引き上げを早急にすべきなのです。卵が先か鶏が先かとなりますが、誰もが中ぐらいなモノを買う事が出来、本当の金持ちが超高給なモノを買う、中ぐらいなモノを2度、3度我慢して高いモノを買う、買えるそんなサイクルにしてこそ、国内の内需が回り、国内でモノを作る企業、人が潤うのだと思います。 それが出来る国が世界でも日本の筈なのですが、一部不相応な給与体系と待遇の体系で守られている人達の身分や権威がこのようなサイクルになる事を阻害さへしていると思わざるを得ないのです、管理人様、皆さまどう思われますでしょうか。
以下のようなニュースに目をつぶり、社会保障と税の一体改革と言いながら、ジリ品の日本の景気には目を向けない、だからこそ本来使わないで済む少子化、子育て対策や高校無償化などに税金を配り、ばら撒き政治となってしまう。
改革、改善すべき所がずれている政治こそ、今一番の日本の問題の気がします。

***************************************************************************************************
以下にこの件のニュース読まれていな方の為に転記致します
***************************************************************************************************
国立社会保障・人口問題研究所が8日、「単身で暮らす20~64歳の女性の3人に1人が『貧困状態』にある」という衝撃的な分析結果を発表し、これが議論の的となっている。
同研究所が発表した単身者の「貧困状態」とは、所得から所得税、住民税、社会保険料、固定資産税を差し引いた残りの額(=可処分所得)を数値順に並べ、その中央値(真ん中の額)の半分に満たない収入しかない状態(=相対的貧困)のこと。1997年には130万円だったその中央値は、2010年の調査では112万円にまで低下したが、最新の分析によれば、20歳から64歳の単身女性の32%が「相対的貧困」だったという。
                                            以上

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunsungood.blog41.fc2.com/tb.php/389-0514cf9c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

素浪人

Author:素浪人
失業中のつらさ、痛いほどわかります。

 

自殺予防支援クリック募金

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

フリーエリア


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
人気ブログランキングへ
SEO

 

検索フォーム

 

 

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。