Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんどん生じる世の中のひずみ

現在は未来があり景気の良い高度成長時代ははるか昔、めしを食うのがどれだけ大変な時代かに変わってしまった。

今朝の朝日新聞には、「低所得払えぬ国保料」という題名のもと、差押さえ急増で自治体も苦労しているというニュースが載っていた。

失業で社会保険から国民保険へ移行したのは良いが、負担の多さにより不払い者が増えている。

当然といえば当然だろう。

かくいう私も失業時代の国保料数十万円は未だに未払いである。


現在失業している方は相当いるだろう。国民年金を支払ったとしても65歳以降もらえる年金はすずめの涙・・・。

その上失業、または低所得で蓄えも無ければ老後の生活は非常に難しい。

今苦労しておられる中高年の方が65歳過ぎを迎える頃は自殺者が増えるのではないか心配だ。


このような心配は、本来、行政がすべきであろう。

そしてそれを解決するには具体的にどのような手を打っていく必要があるか真剣に考えなければならない。

しかし、今の政治・行政からはそのような動きはかけらも見えない。

何事においても後手・後手である。


このような現状から、自分の身は自分で守らなければならない時代に入った事は頭では理解できる。


しかし自分の身を守るとは言っても、それには最低限の収入が必要なのだ。

育ち盛りの子供2人がいる家族4人で住宅ローンもあるならば月に世帯収入で手取り40万円は最低必要だろう。

しかし、それに満たない生活をしている人は非常に多いと思われる。

それと対比して、特に地方公務員は40代でも年収700万円を越える。
月割りすればひと月で約58万円の巨額の収入である。

それも世帯収入ではなく、一人だけの月額平均収入である。

どれだけ公務員、特に地方公務員が現実離れした給与を貰っているかが分かるだろう。

これだけ世の中格差社会になった上にだ、震災救援、原発問題、放射能賠償、被災者の2重ローン問題・・・

これだけ問題を抱えていて歳出が莫大に増えるのに増税だけではふざけすぎているのは中学生でもわかる。


まず、公務員。特に地方公務員の月額給与を最低30%は削減し、その上賞与は全額カットして浮いた分を国の歳出に回すべきだろう。


これからますます世の中の歪が増大し、いろいろな所から問題が漏れ出し、しまいには手をつけられなくなるだろう。


そうなってからでは遅いのに、だれも本気で問題を未然に防ごうとはしない。

しかし、そのような大変な時期はそう遠くない未来にやってくるのは確実だ。


にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

失業から一年、現在は生保にかかっています。
泥舟の上で自分のことしか考えない、派遣屋、派遣元大企業、役人、政治家。
ワ-プアはナマポ叩きから、怒りの方向を見直す時にきています。

全文同意です。
この発言がもっと多くの人の目にとまりますよう
ポチらせて頂きました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunsungood.blog41.fc2.com/tb.php/356-4f25a41d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

素浪人

Author:素浪人
失業中のつらさ、痛いほどわかります。

 

自殺予防支援クリック募金

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

フリーエリア


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
人気ブログランキングへ
SEO

 

検索フォーム

 

 

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。